ディスコード

DDおたくのひとりごと

いつかは本命になるかもしれないと思った日の記録。

日曜日、私は両国国技館で赤色のペンライトを振っていました。

 

その作品での推しさんの担当キャラのイメージカラーが赤なんですよね。赤ってセンターポジションのイメージなんですけど、別にそのキャラはセンターじゃないし(性格的にはセンター気質だけど)むしろステージ上で推しさんはずっと端にいたので、赤なのになあ、と少しだけ悔しかったです。センターにはリーダーふたりがいたので、それは全然間違ってないけど。

ソロ曲を歌うとき、ダンサーを除けばステージ上には彼しかいないので、紛れもなく彼がセンターでした。360度の客席はきれいな赤に染まっていて、この光景を真ん中に立ってひとりで見ているんだなと思ったら胸がいっぱいでした。彼の見る景色に赤色のペンライトをひとつでも多く増やしてあげたかったから、私は可能な限りペンライトの色を赤にしておこうと決めていたので、2時間半のうちの数分だけでも真っ赤な空を見せてあげられて良かった。全然私の力とかじゃないけど!お客さんが空気読んでくれて良かった!おたくのこういうところ大好きだよ!!!

「行くぞ!」と煽りながら威勢よく出てきたとき、ああ担当キャラの子が言いそうだなあわかってるなあ、とにこにこしました。でも歌いだしたら声が震えていたし音程もところどころぶれていて、一気に体温が下がりました。ユニット曲のときは普通に歌えていたので心配なんて1ミリもしていなかったから本当に焦ったし、私に出来ることなんてペンライトを振ることだけだから必死に振った。後半に入ったら声も音程も安定していたのでめちゃくちゃほっとしました…。

推しさんの担当キャラのソロ曲はサビのキーがとんでもなく高くて、でも音源だと無理して出しているようには聴こえないしきれいな伸びやかな声で歌っていて、それがすごく好きです。収録は何回も録り直せるけど、本番は一発勝負だからきっと生歌は無理だろうし歌ってもキー下げるだろうなって思ってたんですけど。ちゃんと原キーのままだったからちょっと泣きそうでした。収録のときも「下げますか?って訊かれたけどこのキーが1番良いと思ったから下げなかった」と言っていたらしいので、きっと本番でも下げたくなかったんだろうな。負けず嫌いなのかプロ意識が高いのか、どちらにせよ私の推しさん最高では???と思うエピソード第1位です。

私は彼のことをなんにも知らないけど、めちゃくちゃ頑張っているということだけは知っています。大きいステージで楽しそうに歌って踊って、完璧にキャラが憑依している~!と思っていたのにEDの最後の挨拶で泣いてしまうような人なので、きっと本当はそういうのあんまり得意じゃないんだろうなと思う。場慣れしていないだけかもしれないけど。でも誰よりも客席に手を振っていたのは彼だったので、そういうところがとても愛おしかったです。

キャラの衣装と同じ格好をする、というのはもう当たり前みたいになってきていて、この作品のイベントでもそうだし実際みんなイベントキービジュのキャラと同じ衣装を着ていました。そして推しさんは髪型まで同じでした。びっくりして一瞬息が止まった。イベントが終わってから彼がやっているラジオの最新回を聴いたら、「前髪切りすぎちゃった」と凹んでいてかわいかったです。髪型アレンジしやすいように切りに行ったのかな?と思ったらもう愛おしさしかなくないですか。その何回か前の回では「これからイベント出演が多いからダイエットしてる」と言っていたんですが、なにそれ推せる…いやもう推してるけど…と好きが大爆発しました。

先輩ばっかりだからちょっと引いてるかな?って思ったけど同じユニットの人たちとは以前と比べ物にならないくらい仲良くなってて、集まってぎゅーーってしてたのがすごくかわいかった。終演後にTwitterにあげられていた写真も本当に仲良さそうで、前は名字で呼んでた人のこともあだ名で呼んでいてなんだかすごく安心しました。このユニットも推しさんにとって大切なものになっていたら良いな。

 

そんなわけで初めて推しさんを生で観ました。ほとんど推しさんロックオン状態でした。行かないつもりだったけど行って良かったし、ソロ曲を歌うなんて思ってなかったから聴けて良かった。もう遠征してまで会いたい人なんていないだろうな、と思っていたけど彼は遠征してまで会いたい人だったし会いに行ってもっと好きになりました。間違いなく今の私の一推しは彼です。

この作品のイベントには思うところがたくさんあるんですけど、物販とか物販とか、あと物販とか。今回は買えなくて当たり前~の精神で並んでたら意外と列がさくさく動いていて、「すごい!列動いてる!」って言ったら隣にいた友達が笑っていた。中野の物販のことは忘れよう!!!

 

読者登録やスターなど、いつもみなさまありがとうございます。私もみなさまのブログうんうん首がもげるほど頷きながら読んでます、好きです。コメント承認制なので何かありましたらいつでもお待ちしております。