ディスコード

DDおたくのひとりごと

2017年上半期観た舞台まとめ。

2017年ももう半分終わってしまいますね。歳を取るごとに時の流れがあっという間すぎて時空が歪んでいるんじゃないかと思う。

観たものの感想とかどこにも書いていないし、自分の記録用に書き残しておきます。

 

ミュージカル『刀剣乱舞』~三百年の子守唄~

1部の脚本が合わなくて、周りが泣いている中冷めた気持ちで観ていました。子育てするというストーリーはともかく、終わり方がぬるっとしすぎていて私はよくわからなかった。他の刀ミュを観ていないのでわからないんだけど、毎回こんな感じの終わり方なんですかね。でも2部ははちゃめちゃに楽しかったので、歌って踊るファンサ舞台としては間違いなく楽しい作品なんだなと思いました。

私の推しキャラはにっかり青江なのですが、2次元の推しが3次元に存在していることの尊さをひたすら噛み締めていました。仕草も雰囲気も喋り方もなにもかもが私の好きなにっかり青江だった。2部衣装がロイヤル感に溢れていて王子様かな???と思いました。好きです。

 

ミュージカル「スタミュ

原作が好きならより楽しい!1期のストーリーを2時間ちょっとでやるからスピード感半端ないし端折られてるエピソードもたくさんあったけど、それでも原作をとても大事にして作ってくれたことが伝わってきて嬉しかったです。アニメだとミュージカルパートに入ると突然衣装も場面も変わるから何が起こってるんだ感すごかったけど、舞台でやるとむしろこれが正しい形だなとしっくりきました。エンディングの多幸感たるや。

team柊が本当に2次元から出てきたのでは…というぐらいの完成度で、ミュミュを観てからteam柊が大好きになりました。Caribbean Grooveは衣装も演出もダンスも最高で、辰巳くんが申渡くんの手を取って虎石くんの膝を踏み台にしてセットに上るところがスター・オブ・スターすぎて震えました。

 

ダイヤのA」 The LIVE Ⅳ

試合のシーンで一緒に応援する演出が最高に好きで、舞台じゃなくて野球を観にきてるんだなと錯覚してしまうくらい楽しい。あとはやっぱり円陣ですよね…毎回涙ぐんでしまう。アニメを観ていたから話の流れ全部知ってるのに、それでも手に汗握ってしまうからスポーツものは楽しいですね。

わだみゆ*1は台詞を喋っているときやスポットライトが当たっているときはもちろん、舞台に立っているどんな瞬間でも御幸一也なのでありがとうございますという気持ち。台詞のないシーンで他の選手に声をかけるような演技をしているのはアドリブなのかな。試合のシーンで打席に立っているとき、不敵に笑いながらヒッティングマーチを口ずさんでいたのがベストオブわだみゆ。

 

きみはいい人、チャーリー・ブラウン

とにかくハッピーな気持ちになる舞台でした。短いお話が連続で詰め込まれてて、テンポも良いしずっとにこにこしながら観ていられて楽しかったです。

最初に公開されたビジュアルが原作に寄りすぎてて、これは…となっていたのですが、本番は自然な感じになってたので安心しました。みんなかわいかった。

村井さんの歌がとても上手くなっていてびっくりしました。去年はちょっと怪しいな?って思うこともあったけど今回はそんなこと全然なくて、もうすっかりミュージカル俳優ですね。それにしても村井さんは本当にキャラによって表情が全然違うからすごいですね。ちゃんと小学生に見えた。

 

舞台「男水!」

ドラマが全く刺さらなくて舞台観に行くのやめようかと思ったくらいだったんですが、ドラマより断然面白かったです。脚本・演出がスタミュミュの演出と同じ方、というのにあとから気付いてなるほどと思いました。舞台上にプールがあるように見せる演出すごかった…スクリーンに映された水の映像が美しかった。

原作と設定もストーリーも違っているので2次元おたく的には絶許案件ですが、完結していない作品なので仕方ないかな…。でも滝くんの性格を別人にされたのは根に持っています。秀平くんのお料理男子設定も全然出てこなくて、推しくんがお料理するところを楽しみにしていた身としては残念でした。

 

推しくんの出ている舞台1つしか観てないですね。びっくりだわ。基本的に面白そうと興味を持ったものしか観に行かないので。下半期はどうなるんでしょうか。今のところ推しくんの出る舞台のチケットはひとつも持っていません。(…)

*1:和田琢磨さんの演じる御幸一也、の意