ディスコード

DDおたくのひとりごと

声優おたくとしての現況。

本命は不在だしアニメもあんまり観ないしイベント遠征もしないし、お前本当に声優おたくか???と言われそうだけど一応声優おたくです。推しもいます。ただし熱量はめちゃくちゃ低くて、出演作を片っ端から追いかけたり、ツイッターでリプライを送ったり手紙を書いたり、そういうことを一切しなくなりました。気持ち的には茶の間以下ですね。

 

推しの話ですが、私の中の推しの定義は『優先的にお金を使いたい人』で、そういう推しが3人います。好きの度合いが同率すぎてひとりに絞れない。DD乙。で、まあその推しさんたちは全員若手声優のくくりで、まだまだ一般認知度は限りなく低いというかないです。代表作は数えるほどしかないし、その作品を知らなかったら確実に誰それ?と言われるような感じです。早く売れて欲しい。

私が彼らを好きになったきっかけはいずれもステージ上での姿です。歌っているところだったり喋っているところだったり。イベント慣れしていない、感極まって泣く、周りが先輩しかいない、だけど一生懸命頑張っている。そんなの好きにならないわけないじゃないですか???私は元々現場落ちが多くて、きっと聴覚より視覚で好きになるタイプなんだと思います。それって声優おたくとしてはどうなんだろうか…。もちろん、この声のトーンが好きとかこういう演技が好きとかはあるけど、好きになった後の話だからなあ。純粋に声だけで好きになった人もいるけど、現在本命にも推しにもなっていないのでお察しです。

最近の声優はアニメに出る以外にも仕事がたくさんあるけど、私はやっぱり好きな人にはアニメに出て欲しいです。アニメってライト層も観ている場合があるからもしかしたらバズるかもしれないじゃないですか。だから、アニメで名前付きの役をやって欲しいしメインキャラをやって欲しいし、主演だってやって欲しい。正直、推しさんたちは演技が抜群に上手いわけでも声域が広いわけでもありません。それでもキャラに合っててそれがはまってたら全然構わないと思うのです。ファンのエゴでしょうか。今じわじわと仕事が増えているけれど、アニメの仕事がほとんどありません。ソシャゲにはたまに出ています。1番多いのはネット放送の番組やイベントなどの顔出しの仕事のような気がします。好きになったきっかけがステージ上の姿だったくせに、私は推しさんたちには演技の仕事をたくさんして欲しいと思っている矛盾。業が深い。

来期クールのアニメのキャストが発表されるたびに、そこに推しの名前がないのを確認して落ち込んだりすることに疲れてきました。とりあえず私に課金先をください。

 

気付いたら今年に入ってまだ一度も遠征していませんでした。声優関連の現場には2回行きました。現場に行くと若くてきゃぴきゃぴした女の子が多いので、若くもなければきゃぴきゃぴもしていない自分が行くのが場違いな気がするしあの独特の空気感が年々苦手になっていって足が遠のいています。いつの間にか現場至上主義ではなくなってしまった。でも今年まだ推しのうち1人にしか会えていないので、他の2人にもせめて1回は会いたい…。

 

リプライや手紙を書くことをしなくなったのは、何を書けば良いのかわからなくなったからです。本命だった人にはたくさん手紙を書いていたけど、内容はとりあえずめちゃくちゃ褒めていました。出演している作品がつまらなくても良いことしか書かなかった。そうしたら彼が結婚発表して炎上していたときに、『この人のファンはなんでもかんでも褒めるから調子に乗ったのでは』というような意見を目にしてめちゃくちゃ刺さりました。良くなかったことは素直に伝えるべきだったのかなって。でもただのファンが苦言を呈するのって何様って感じでは?正直推しさんたちに対してちょっとそれはどうなのって思うことのひとつやふたつあるけど、どういう風に伝えれば良いのかわからなくて友達に愚痴って気を紛らわせています。

 

そんな感じの現況です。早く私がお金を落とさなきゃって思うまでもなくなるくらいに売れて欲しい。そうしたらさっさと他界出来るのに。茶の間以下が偉そうにって感じだけど。おたくって面倒くさいな。