読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ディスコード

DDおたくのひとりごと

観に行ったライブが楽しくなかった。

おたくあれこれ

この間観に行った大好きなバンドのライブがびっくりするくらい楽しくなかったです。

わたしは今まで色んな現場に行ったけど、「楽しくない」と思ったことは1度もなかったので衝撃でした。

いつも観ている最中は「やばい」「無理」「しんどい」という語彙力がなさすぎるワードで頭の中埋まってるんですけど、楽しすぎて。

その日は最初から最後まで「あれ?」「なんで?」という感じで常にハテナマークが飛び交ってました。

ツイッターで検索してもわたしほど落ち込んでいる人がいなかったので、わたしがおかしいのかなと悲しくなったりしたのですがどう捉えるかは個人の自由だから良いよね!

多分誰も悪くないしどの感想も正解だと思うので、わたしが「楽しくない」と思った要因は以下です。

 

・会場の狭さとお客さんのテンション

その日の会場はキャパがめちゃくちゃ狭くて、チケットはソールドしているし更にキャパ以上のお客さんが入っていたらしいので余計にぎゅうぎゅうでした。

なので整理番号順で入った人から前に詰めていってたみたいで、普段は前にいないんだろうな~っていう人も前にいたっぽいんですよね。

わたしも真ん中よりは前にいたんですけど、わたしより前にいた人たちがめちゃくちゃ大人しくてびっくりしました。

もちろんどんな風に楽しむかは個人の自由なのでジャンプしなきゃいけない!とか腕降らないとだめ!とかは全然思ってないんですが、メンバーが煽ってきてるのにほぼ棒立ちはさすがにやばいのでは…とちょっと血の気が引きました。

いつもはわりと前にいるお客さんはテンションがずっと高くて常に盛り上がってる感じだったので、あんなに静かな最前列を見たのは初めてでした…メンバーも若干戸惑ってた気がします。

前だけじゃなくて全体的にこの日のお客さんは大人しめだったみたいで、他の場所がどうだったかはわからないんですけど、確かにわたしがいつもいるエリアも大人しかったです。いつもより女子多めだったし。

 

・メンバーのテンション

フロアがそんなだったからかメンバーもいまいちテンションがふわふわしていました。

MCはいつもゆるいんだけどいつにもましてゆるいっていうかぐだぐだで、盛り上げようとしているのはわかるんだけどいまいち盛り上がらなくて…っていう悪循環。

あとボーカルが「いけるか!」「混ざっていけ!」って言って客を煽るのが定番なんですけど、その日1回もそれを言わなくてわたしはとてつもなくショックでした。

あの煽り言うようになってから毎回言ってたし、言わなかったライブを観たことがなかったので。

ツアーファイナルはネットで生配信してたんですけど、しっかり「いけるか!」「混ざっていけ!」って言ってたので、このテンションにしてあげられなかったんだな…と思って悲しくなりました。

なんなら「良いですね、皆さんテンション高くて」って言ってるのもぐさぐさ刺さりました、ごめんなさい…。

客のテンションを上げられるのは演者だけだけど、演者のテンションを上げられるのも客だけなんだよな…と思うとやっぱりこの日は客のテンションの低さに引きずられていたのかな~と思います。

 

・音響

たまにギターとベースの音がただ鳴ってるだけみたいに聴こえて、どんなフレーズを弾いているのかわからなかったです。

あれスピーカーのせいだったのかな。

なんかすごい音が潰れてギャギャギャってなってるのつらかった…ギターなのかベースなのかもわからなかった。

 

以上です。

このツアー、セトリがめちゃくちゃに良くて。

一応シングルの発売記念のツアーだったんですが、3曲入りのシングルだったのでそれ以外はどんなセトリ組んでくるのかな?って思ったら今ではあんまりやらないような珍しい曲ばっかりだったのでとってもレアでした。

だから楽しめなかったのが余計悔しくて引きずってるんだよ~~~!

ファイナルをネット配信で観てたとき、なんだよちょう楽しいじゃん!!!と思ったので嫌いになったわけではなくてほっとしました。

アルバム発売とそれに伴うツアーも発表されたんですけど、そのときに「何か所行こうかな?!」と思えたのでやっぱりまだまだ好きでした。良かった。

 

ぐだぐだ書きましたがわたしはこのバンドのことが世界で1番かっこいいバンドだと思っているし、いつだって今が1番かっこいいし、大好きです。

だから早く売れてください!売れろ!!!