ディスコード

DDおたくのひとりごと

世界で1番大好きな人が結婚した。

2017年も1ヶ月が過ぎようとしていますが、遅ればせながら明けましておめでとうございます。

今年も思い付いたときに投げていくスタイルで更新したい所存です、よろしくお付き合いくださいませ。

 

タイトルを読んで字のごとくなんですが、私が1番お金と時間をかけた声優こと立花慎之介さんがご結婚されました。

なんというパワーワード

新年早々『皆様にご報告させていただきます。』というタイトルのブログ記事を読むことになるとは全く予想もしていなかったです。

でも、私はずっと彼に対して「早く結婚して欲しい」と思っていました。

相方的ポジションの人*1がご結婚されたのが1番の理由だけど、最近の彼はファンへの対応が優しくなったので何かあったのかなって心配になったからです。

でも今思えば結婚発表をするための伏線だったのかな。

彼は圧倒的に乙女ゲームやシチュエーションCDのお仕事が多いのでりあこも少なくないし、彼もそれをわかっていたはずだから少しでも荒れないようにしたのかな~って。

結果公式LINEのメッセージ*2で大荒れしているんですけどね!失敗してるよ!

でもきっとこの発言に怒るようなファンはいらないっていう気持ちがあるのかなって思ったりもしました、彼ならしそう。自分にとって不利になるものは簡単に捨てそう。

奥さんのツイッターでのさり気ない新婚旅行アピールと過去の匂わせも併せて叩かれてるけど全く火消しする様子もないし、知っているのにスルーしているならもうそういうことですよね。

結婚したのもそれを発表してくれたのも私は嬉しかったんですけど、隠されて独身アピールされて嘘吐かれるほうがしんどいから。意図してないバレ方したりしたら地獄しか待ってないもの…。

 

私は『声優の立花慎之介』が好きなので、プライベートの彼にはさほど興味がないです。

だから結婚生活の話も出来るならばして欲しくないし知りたくないな~っていう。

声優という偶像の彼が好きなので、リアリティを感じたくないのです。

多分ここまで入れ込んで好きじゃない人だったら家庭の話とか微笑ましく聞けるんだろうけど。

でも好きな人には幸せになって欲しいという気持ちはずっとあるから、結婚して欲しくなかったとかは思ってないです。

ファンは出演作品のCDやDVD買ったりイベント行ったり、お仕事に繋がるようにサポートは出来るけど直接的には幸せにしてあげられないじゃないですか。

どれだけ手紙を書いたって読まれてるかすらわからないし。

ファンはただのファンであって対等な関係はどうやったって築けないから切ないな。

 

私はもう半分降りているようなものだからそこまでダメージないだけなのかもしれないけど、今まで通り欲しいものは買うし行きたいと思ったらイベントに行きます。

好きという気持ちが残っているうちは完全には降りられないんだろうな~往生際が悪いですね。

最後のひとりになるまで応援するとかは言えないけど、「もう無理だ」って思うまではあなたのファンでいたいです。

*1:日野聡さん

*2:本当のファン=結婚を祝福してくれた人、みたいな内容のやつ

2016年現場まとめ。

今年行った現場を振り返るジャンルごちゃ混ぜDDの覚書です。

 

1月

ELEKITER ROUND 0/HEAVEN OF NOISE~雪月花~

女物の赤い打掛を着て唄うアラフォー男性が美しすぎて意味がわからなかった。

扇子を開くときの音が未だに忘れられない

 

4月

ダイヤのA The LIVE Ⅱ

わだみゆが本物すぎて震えました、動きや仕草が本当に御幸一也だった…。

そしてみんなで一緒に選手を応援出来たのが本当に楽しかった!

ね、ら、い、う、ち~!

 

ツキプロライブ2016 in 中野

「僕なんかがあの場所に立って良いのかな」と言っていた人が舞台の真ん中できらきらした笑顔で唄っているのが眩しくて泣きそうだった。

 

6月

Kira Fes 2016

個人的MVPはピンクのおじさんでした。大好き。

 

cinema staff/oneman tour 2016 "about eve"

最近では滅多にやらない曲(思い入れがめちゃくちゃある)をぶっこまれて倒れそうになった。

 

キム・ジョンウク探し~あなたの初恋探します~

村井さんの2枚目と3枚目の切り替えがすごくて2度美味しかったです。

彩吹さんの歌唱力にさすが元宝塚…と感動した。

 

7月

和田琢磨 /2nd写真集「2」発売記念イベント

接触イベントって本当に苦手だなあと思いました。

 

吉野裕行/Hiroyuki Yoshino Live Tour 2016 "DRAMATIC SURF COASTER"

ピンク推しになったら幸せなんだろうなあと心底思いました。

 

9月

瞑るおおかみ黒き鴨

もふとらの続編だ~!と軽い気持ちで観に行ったらとんでもない罠が待っていました。

 

10月

名門アウトロー学園 全校集会!!

舞台の上にふたりしかいなくてふたりがきゃっきゃしているのがただただひたすら愛おしかったです。

通路側に座っていたのでそのすぐそばを通っていったときは目が合うのが怖くて足元ばかり見ていました…。

 

歴タメLive~歴史好きのエンターテイナー大集合!~

お見送りのとき間近で見た役者さんたちの顔がきれいすぎて目がどうにかなりそうでした。

 

11月

cinema staff/前衛懐古主義 part1

演奏しているときとMCのときのギャップがひどくて本当に同一人物なのかな???

このエキセントリックさ早く世間に見つかって欲しい。

 

その他

ノラガミ(ライビュ)

マジLOVELIVE 5th STAGE in THEATER

ツキプロライブ2016 REPLAY! in THEATER

 

計17公演、103,844円(手数料含まず)でした。

こうやって数字にすると現実が見えてぞっとしました。

でも把握するのは大事かなと思うので、来年はもっと細かくおたく費用を記録に残したいと思います。

地方民であることを理由にはしたくないけど、この交通費でチケット何枚買えるかな、と思ったら行く行かないのジャッジはどうしても厳しくなってしまいますね。

来年はもう少し舞台を観に行きたいので、推しがいるかどうかも大事だけど興味が湧いたものは観に行くようにしたいです。

来年も楽しくおたく出来ますように。みなさま良いお年を。

とりとめのないこと。

久しぶりにブログを書きます。

 

書こう書こうと思いつつ、頭の中で考えていることを上手く文章に出来なくて真っ白なままの投稿画面を閉じてばかりでした。

ツイッターは特に考えもせずどうでも良いことをぽんぽん呟いていたけど、ブログはちゃんとした文章を書かないと、という気持ちになります。

そもそも、私がブログを始めた理由はツイッターを辞めたかったからです。

鍵付きだしほとんどリアルの知り合いとしか相互フォローでない閉鎖的なアカウントですが、感想とか萌えとかを独り言のように垂れ流すことしかしていなかったのでそれで充分でした。

しかしそのうち用もないのに気付いたらツイッターを見るようになっていたし、フォローしている人の呟きを見るのがしんどくなってきました。

おたく、という共通のくくりがあって好きなものが同じでもそれに対するスタンスが違うとやっぱり疲れます。解釈違いは絶許…。

人としては嫌いじゃないけどスタンスが合わないから一緒におたく活動は出来ないな~って。好きな作品とか人が被ってなくて話を聞く分には一向に構わないのですが。

合わないなと思ったらフォロー外せば良い話なんですけど、リアルな知り合いだとそれがどうにも気まずくて出来ていません。

リアルな知り合いとはネットでそうそう繋がるべきではないなと今更痛感しました。

結局今も辞められていないし見る回数も減ってないですが、自分の呟く数は減ってきたかなと思います。

このまま情報収集するためだけのツールとして使えるようになりたいです。

 

あとこれは私もそう思われているかもしれませんが*1、ネット上と実際会ったときのテンションが違いすぎる人に戸惑います。

おたくあるあるな気がしますけど。

リアルの知り合いがツイッターでめちゃくちゃきゃぴきゃぴふわふわした文章で呟いてるとドン引きしてしまうのですが、普段の感じを知っているだけに。

頭悪そうに見えるからなんでもかんでもひらがなで書くのやめなよ…って思う。

ネット上だと文章の雰囲気でその人の人となりを想像するしかないから文章って大事です、わたしにとっては。

だからツイッターのフォロータグとか怖くて絶対あんなので繋がれない…いきなり「呼びタメOKです♡」とか言われてもババアは戸惑ってしまうよ…。

若手俳優界隈に知り合い全くいないので友達が欲しいな~とは思いますがやっぱりひとりが気楽かもしれない。

 

私ははまりやすいけど飽きっぽいのでずっと好きなものって実はあんまりないし、自分なりの全力を注ぐのは前に書いた声優の彼で懲りたのでもうしないつもりです。

でもまだ声ヲタだしバンドのライブにも行くし舞台も観に行きます。

好きなものの好きなところだけ楽しみたいのでゆるいDDを続けていけたらな~という気持ちです。

そして私が書いているスタンス的な話は若手俳優だけに限った話ではなくそういう好きなものや人全部に対するものなので、他の人が見たら首傾げられるかもしれません。

あくまでわたしの見解なのでこういうやつもいるんだなぐらいに思っていただければ。

解釈違いでしたらもうそれはあなたとわたしは相容れないということで捨て置いてください。

 

身バレしたくないからいつも文章の感じ変えてたんですけどそれだと余計に筆が進まないので今回は特に意識しないで書きました。

私が誰だかわかってもそっとしておいてください。

*1:自分ではそんなにテンションの差はないと思っていますが。