読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ディスコード

DDおたくのひとりごと

とりとめのないこと。

久しぶりにブログを書きます。

 

書こう書こうと思いつつ、頭の中で考えていることを上手く文章に出来なくて真っ白なままの投稿画面を閉じてばかりでした。

ツイッターは特に考えもせずどうでも良いことをぽんぽん呟いていたけど、ブログはちゃんとした文章を書かないと、という気持ちになります。

そもそも、わたしがブログを始めた理由はツイッターを辞めたかったからです。

鍵付きだしほとんどリアルの知り合いとしか相互フォローでない閉鎖的なアカウントですが、感想とか萌えとかを独り言のように垂れ流すことしかしていなかったのでそれで充分でした。

しかしそのうち用もないのに気付いたらツイッターを見るようになっていたし、フォローしている人の呟きを見るのがしんどくなってきました。

おたく、という共通のくくりがあって好きなものが同じでもそれに対するスタンスが違うとやっぱり疲れます。解釈違いは絶許…。

人としては嫌いじゃないけどスタンスが合わないから一緒におたく活動は出来ないな~って。好きな作品とか人が被ってなくて話を聞く分には一向に構わないのですが。

合わないなと思ったらフォロー外せば良い話なんですけど、リアルな知り合いだとそれがどうにも気まずくて出来ていません。

リアルな知り合いとはネットでそうそう繋がるべきではないなと今更痛感しました。

結局今も辞められていないし見る回数も減ってないですが、自分の呟く数は減ってきたかなと思います。

このまま情報収集するためだけのツールとして使えるようになりたいです。

 

あとこれはわたしもそう思われているかもしれませんが*1、ネット上と実際会ったときのテンションが違いすぎる人に戸惑います。

おたくあるあるな気がしますけど。

リアルの知り合いがツイッターでめちゃくちゃきゃぴきゃぴふわふわした文章で呟いてるとドン引きしてしまうのですが、普段の感じを知っているだけに。

頭悪そうに見えるからなんでもかんでもひらがなで書くのやめなよ…って思う。

ネット上だと文章の雰囲気でその人の人となりを想像するしかないから文章って大事です、わたしにとっては。

だからツイッターのフォロータグとか怖くて絶対あんなので繋がれない…いきなり「呼びタメOKです♡」とか言われてもババアは戸惑ってしまうよ…。

若手俳優界隈に知り合い全くいないので友達が欲しいな~とは思いますがやっぱりひとりが気楽かもしれない。

 

わたしははまりやすいけど飽きっぽいのでずっと好きなものって実はあんまりないし、自分なりの全力を注ぐのは前に書いた声優の彼で懲りたのでもうしないつもりです。

でもまだ声ヲタだしバンドのライブにも行くし舞台も観に行きます。

好きなものの好きなところだけ楽しみたいのでゆるいDDを続けていけたらな~という気持ちです。

そしてわたしが書いているスタンス的な話は若手俳優だけに限った話ではなくそういう好きなものや人全部に対するものなので、他の人が見たら首傾げられるかもしれません。

あくまでわたしの見解なのでこういうやつもいるんだなぐらいに思っていただければ。

解釈違いでしたらもうそれはあなたとわたしは相容れないということで捨て置いてください。

 

身バレしたくないからいつも文章の感じ変えてたんですけどそれだと余計に筆が進まないので今回は特に意識しないで書きました。

わたしが誰だかわかってもそっとしておいてください。

*1:自分ではそんなにテンションの差はないと思っていますが。

どこのジャンルにも茶の間はいる。

わたしの中で茶の間とは、好きなものや人にお金を落とさない人のことを指します。

Twitterやブログ、違法動画などを見るだけで「かっこいい♡」「好き♡」などと言っている人を見ると殴ってやろうか!という気持ちになります。

現場に足を運ばないと茶の間、という意見もあると思いますけどわたしはDVDなりCDなりグッズなり公式から発売されているものにお金を払っていたら良いんじゃないかなと思います。わたしが現場至上主義ではないからかもしれませんが。

あ、でも現場に全然行かないのに「自分が1番○○くんのことを愛してる♡」みたいなことを言っているお花畑ちゃんはどうかと思います。

俳優もバンドマンも声優も、みんなその職業で稼いでご飯を食べているんだから売れなきゃ意味がないしそのためにわたしたちがすべきことはお金を落とすことじゃないのでしょうか。

だからわたしはチケットを買うしCDやDVDを買うんだよ!これ前も言ったな!

ていうか好きになったら自然な流れでCDやDVDを買っているし、チケットを握りしめているのですが。

そしてなによりその対象が好きだからお金を払っても惜しくないと思っています。

なので、好き好き言っているのに無料で楽しめるものだけ利用している人はその対象にお金を払うのが勿体ないと思っているってことなのでは?とわたしは解釈しています。

そういうファン気取りの茶の間は嫌いです。

 

ソシャゲとかもわかりやすいと思うんですけど、確かに課金はしたくないです。

でもゲーム会社も商売でやってるんだからユーザーがお金を落とすようにシステムを作るのは当然だと思うんですよね。

課金している人が偉いというわけじゃないけど無課金の人が「課金者ばっかり優遇されて」みたいなことを言っているとなんだかなあと思います。

課金している人がいるおかげでそのゲームはサービスが提供され続けているんだぞ!

 

お金は払いたくないけどそのコンテンツを楽しみたい、っていうのは否定しないしありだと思うんですけどそういう楽しみ方してるくせに「お金落としてます!」って顔して装ってるのが腹立つんですよね。

お金を落としていないということはそのコンテンツに対して何も貢献していないということだと思うので、ファンを気取られるなんてとても不愉快です。

茶の間は茶の間であってファンでもおたくでもないと思います。

 

っていうようなことをなんのおたくでもない一般人に言ったら全く理解されなかったので悲しくなってここに書きました。

推しプレイリスト。

楽しそうだったので独断と偏見で選んでみました。

 

01.切り札/cinema staff


cinema staff「切り札 / deadman」MV(Special Edit)

ぎらぎら燃えてる。醒めない夢でも見ているように。

体が求める。強い奴がいる場所を。

クラクラ揺れてる。確かなものなどここには無いから。

ただただ求める。力の溢れる場所を。

最近よく「今が勝負」みたいなことを言っているので何かと闘っているイメージが強いのか、この曲を聴いていたら推しくんのことを思い出しました。

貪欲に思うままに追い求めて欲しいし、ずっと光のあるほうに進んでいってくれたら良いなあと思います。

さあ今だ、かざせよ切り札。この未来は君のものさ!

その笑顔で世界を揺らせばその後は自分次第だよ。

あなたなら素敵な未来を切り開けるよ、という想いを込めて。

推しくんが笑えばわたしの世界は薔薇色だよ!

 

02.愛の迷惑/フレデリック

愛の迷惑

愛の迷惑

  • フレデリック
  • ロック
  • ¥250

あなたに出会えて私はとっても迷惑なんです

とっても迷惑なんです 心ゆらゆら迷惑なんです

返し返されゆりかごのように揺らされて

とても迷惑なんです ありがた迷惑なんです

幸せの迷惑なんです

幸せの迷惑なんです

推しくんに出会えて良かったし感謝しているけど、好きすぎてしんどくなるからいい加減にして欲しい。

幸せだけど感情があっちこっち忙しいのでおたくを辞めたいなと常に思っています。

 

03.LOVE 2 HATE/椿屋四重奏

LOVE 2 HATE

LOVE 2 HATE

今の気分は 完全に血が上って

判断がつかなくって

世界の全てを

敵に回したっていいんだ

推しくんのことを好きになったのは本当に最近だからまだ勢いだけで好きだ好きだと言っている気がするので。

でも間違いなく今は誰よりも何よりも彼が好きです、という重いおたく。

恋が襲った

恋が襲った

恋が

まさに。

りあこじゃないけど推しとの出会いは恋に落ちた感覚に似ているなあと思いました。

 

04.だいすき/小野大輔

だいすき

だいすき

声ヲタじゃない層のおたくもざわつかせたこの曲もう9年前なんですね?!

この歌詞を自分で書いた小野くんって天才だと思います。

わたしの推しは「だいすけ」さんではないし転校生でもないけど!

サプライズ ハプニング

いや違うこれはディスティニー

完全に不意打ちだったので好きになると思っていなかったけど多分必然だったのかな。

オンリーワン 君しかいない

ナンバーワン 一等好きさ

DDだから好きな人たくさんいるけど『俳優の推し』は推しくんだけです。

これからも推しくんを1番好きでいられたら良いな。

 

05.SUN/星野源


星野 源 - SUN【MUSIC VIDEO & 特典DVD予告編】

君の声を聞かせて

雲をよけ世界照らすような

君の声を聞かせて

遠い所も 雨の中も

全ては思い通り

気分が沈んでいるときも推しくんのことを考えたら元気が出るので、推しくんはわたしの世界を明るくしてくれます。

愛が重いのはデフォルトです。

太陽っていうイメージじゃないけどきらきらしている推しくんが好きです。

 

普段聴いている曲が暗い曲ばっかりなので、推しくんのイメージに合う曲が全然見付からなくて困りました。(笑)

推しくんは上昇志向というか常に上を目指しているような人なので、攻撃的な曲が似合うなあと思ったんですがわたしのiPodの中にそんな曲はほとんどなかったです。どんだけだよ。

曲を選んでいたら推しくんに対しての好きという気持ちが意外と重いということがわかったので、踏み込みすぎないようにしようと思います。

でも好きなものは好きだからしょうがないですね、推しくん今日もかわいいよ。