読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ディスコード

DDおたくのひとりごと

ファンになることに向いていない。

好きとか推しと呼びたいとか思う人に対してのわたしの理想は演技や容姿を除いてざっくり言うと、

 

  • 努力家(努力していることを表に出さない努力型の天才みたいな人が特に好き)
  • ファンに優しい(ありがとうをちゃんと言える人は素敵)
  • 文章が落ち着いている(絵文字や顔文字をあまり使わないちょっと素っ気ないくらいの文章が好き)

 

主にこの3つが揃っていると大体好きです。そんなドンピシャな人もそうそういないけど。だから多少盲目フィルターがかかって、この人はわたしの理想だ!って思い込んでしまっている節もあります。理想を押し付けてるんですねきっと。

わたしは好きになると基本的には盲目的に好きになって良いところしか見えなくなるタイプなので、最初は本当に嫌なところはひとつも見えていません。その良いところしか見えていない状態で見ているその人が好きなので、それが『わたしの好きな○○さん』です。勝手にわたしが作った『理想の○○さん』ですね。

しばらくは盲目状態ですが、そのうち気持ちが落ち着いてきて冷静にその人を見られるようになってきます。そうするとだんだんあれ?と思うことも増えてきます。『理想の○○さん』とのずれが生じてくるわけです。

そうすると「もしかしたらわたしはこの人のことを好きじゃないのでは?」と思うようになります。理想から少しでもずれると、違うそうじゃない、となるので許容範囲が死ぬほど狭いです。つらい。でも今までの好きだった気持ちを自分で否定することが出来なくて、必死に誤魔化して今まで通り好きだと思い込もうとしてしまいます。

その結果、しんどい思いをしておたくをすることになるわけです。

 

勝手に好きになって勝手に失望して勝手に疲れる、という悪循環辞めたいんですけどわたしの気持ちの構造上無理だと諦めています。最近は好きじゃないところを見つけると距離をとってなるべく好きなところしか見ないようにはしています。

たまに2次元で好きなタイプに当てはまっている人を好きになったりしますが、わたしが2次元で好きなタイプは俺様とかクズなのでろくなものではありません。2次元での偉そうなキャラは最高に好きですが3次元での偉そうな人は滅びて欲しいです。

 

わたしはやっぱり誰かひとりを熱心に好きになることには向いていないと思うので、良いとこどりをしていられるDDが気が楽です。だって趣味だから。趣味でくらい楽しい気持ちでいたいです。

『好き』が0になったから降りた。

立花慎之介さんから完全に降りました。

a3b9e0.hateblo.jp

1番好きだった頃の『好き』が100だとしたら、ここ2年くらいはずっと80~70の『好き』だった。彼の出演作をなんでもかんでも追うのを辞めて、イベントも遠征はしないでたまに行けそうな地方イベントがあったら行く程度になっていたので。それでも、本命は?と訊かれると迷わず彼の名前を口にするくらいには好きだった。

結婚したことは素直に嬉しくて本当に「おめでとう、良かったね」という気持ちしかなかったし、今でもそう思っている。でもそのあとの彼の行動や言動で徐々に『好き』が減っていった。

前々から、ん?と思う発言が多かったから「本当のファン」発言はまだ流せたけど、「プライベートフルオープン」発言はさすがにない。*1前にも言ったけどわたしは『声優の立花慎之介』が好きなので、結婚生活がどうのこうのというのは全く興味がないし知りたくない。ていうかわざわざ言う必要ある?SNSに私生活と自撮りを垂れ流すリア充かよ。一個人ならなんとも思わないけど『声優の立花慎之介』として『プライベートの立花慎之介』の話をされても困る。

彼がアニメでメイン扱いの役を毎クールやれるような声優ならまた違ったんだろうけど、彼の主な仕事は女性向けのCDとゲームだ。そこからついたファンを一斉に殺しにかかっている気しかしなかったし、自分のファン層を全く理解していなかったことにがっかりした。

わたしは彼のことを頭が良い人だと思っていた。上から目線で発言するのもわざと大袈裟にやっているんだと思っていたし、本当はちゃんと周りの人やファンに気遣いが出来る人だと思っていた。でも頭が良い人はちゃんと自分の立ち位置やファン層を理解しているはずだし、気遣いが出来る人ならファンをふるいにかけるような発言はしたりしないよね。わたしがそうやって思い込んでただけなんだなって気付いて虚しかった。

声は変わらずに好きでいたかったけど前に知人と彼の話をしたときに「もう聴けない」と無意識に口から出たので、あ、そうなんだ無理なんだ、と思って持っていたCDやDVDは処分した。整理しているとき悲しくて仕方なかったけど、もう名前を見るのもしんどいから手元に置いておきたくなくて。大好きだったけどこんなにもあっさり冷めてしまうものかと。

 

嫉妬乙、と思われそうですがそうではなく。

「結婚して既婚者になったから降りた」のではなく「結婚したら別人になったから降りた」のです。

たくさんあった好きなところがきれいさっぱり消えてしまって、それと同じくらいあった嫌いなところだけ残っている人をわたしは好きだとは言えないです。わたしの好きだった彼は一体どこに消えてしまったのでしょうか。それとも最初からわたしが勝手に作り上げてただけだったのかな。

ブログのコメントを見ていると「行きたいけど行けないです」「買いたいけど買えないです」のオンパレードで、『本当のファン』ってなんなんでしょうね。新規と茶の間とDDばっかりだけど。

 

今は推しはいるけど本命はいないし、この先も多分ずっといないままです。

楽しくおたくがしたいですね。

*1:この発言をしたラジオを実際は聴いていない。聴いた人の文字起こしや感想を聴いたのみ。でも聴かなくて良かったと心底思っている。

推しにやって欲しい役5選。

俳優の推しくんに演じて欲しい役を考えてみました。

 

1.人を殺す役

明確な殺意を持って人を殺すタイプの役が観たいので、殺人犯とか殺し屋とかが良いです。

殺人に楽しみを見出してるような頭おかしい系の場合はとりあえず人を殺すときはずっと笑っていて欲しい。返り血を浴びてうっとり微笑んだり、狂ったように笑いながらナイフ振り回していると最高ですね。

特に何の感情もなく淡々と人を殺している系の場合は逆に無表情だと良いなあ、冷たい目をしているのが観たい。

凶器は絶対に拳銃が良い~~!接近戦タイプでもスナイパーでもおいしい。

人を殺すことに慣れてしまって無感情なままでも良いし、途中から気がふれてきて自滅するのも良いな。

 

2.過去が重い役

家族や恋人を殺されたとか誘拐されたとか、明らかに普通の人なら体験しないだろうっていうくらいの重さでお願いしたい。

普段は普通なのにふとしたときに闇の深さが垣間見えるとなお良いです。

ていうか端的に言うと「視覚探偵 日暮旅人」の日暮くんなんですけどね!

天然ゆるふわかと思いきや過去が激重いし闇深すぎて色々歪んでいるのが最高に性癖にどストライク。

 

3.クズな役

人を貶めて生きてるようなクズが好きです。

汚い手を使ってのしあがってるようなやつ~~表向きは良い顔してるけど裏ではやりたい放題しているっていうギャップ萌えですね。

恋愛関係にだらしないのも良いけど、ヒモとかやってみて欲しい。

嫌味ったらしい台詞や暴言を吐く推しくんが観たいだけです。

 

4.スーツを着ている役

いつかドラマでちらっと着ていたスーツ姿がとても好きだったので。

仕事の出来るエリートサラリーマンとかやって欲しいけど似合いそうなのは新入社員の爽やかなタイプかなあと思う。前者の場合はオプションで眼鏡かけて欲しい。

ホストも良いな、全身黒でネクタイだけ派手とかアクセサリーじゃらじゃらつけてて欲しい。

 

5.バンドマン

センターが似合うからボーカルかなあ…ボーカルの立ち位置がセンターじゃないバンドもいるけど。

スタンドマイクを掴んでスピーカーとか柵に足掛けながら唄ってほしいし客を煽って欲しい。

バンドマン=クズの方程式成り立っているので(わたしの中で)クズクズしい推しくんが観たい…何度だって言う。

 

ただのわたしの性癖の押しつけですね。

でも暗い感じの役はもっとやって欲しいなあと思います。

ちなみに声優の推しさんたちにはもれなくヤンデレをやって欲しいと思っている生粋のヤンデレ萌えです。