読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ディスコード

DDおたくのひとりごと

『好き』が0になったから降りた。

立花慎之介さんから完全に降りました。

a3b9e0.hateblo.jp

1番好きだった頃の『好き』が100だとしたら、ここ2年くらいはずっと80~70の『好き』だった。彼の出演作をなんでもかんでも追うのを辞めて、イベントも遠征はしないでたまに行けそうな地方イベントがあったら行く程度になっていたので。それでも、本命は?と訊かれると迷わず彼の名前を口にするくらいには好きだった。

結婚したことは素直に嬉しくて本当に「おめでとう、良かったね」という気持ちしかなかったし、今でもそう思っている。でもそのあとの彼の行動や言動で徐々に『好き』が減っていった。

前々から、ん?と思う発言が多かったから「本当のファン」発言はまだ流せたけど、「プライベートフルオープン」発言はさすがにない。*1前にも言ったけどわたしは『声優の立花慎之介』が好きなので、結婚生活がどうのこうのというのは全く興味がないし知りたくない。ていうかわざわざ言う必要ある?SNSに私生活と自撮りを垂れ流すリア充かよ。一個人ならなんとも思わないけど『声優の立花慎之介』として『プライベートの立花慎之介』の話をされても困る。

彼がアニメでメイン扱いの役を毎クールやれるような声優ならまた違ったんだろうけど、彼の主な仕事は女性向けのCDとゲームだ。そこからついたファンを一斉に殺しにかかっている気しかしなかったし、自分のファン層を全く理解していなかったことにがっかりした。

わたしは彼のことを頭が良い人だと思っていた。上から目線で発言するのもわざと大袈裟にやっているんだと思っていたし、本当はちゃんと周りの人やファンに気遣いが出来る人だと思っていた。でも頭が良い人はちゃんと自分の立ち位置やファン層を理解しているはずだし、気遣いが出来る人ならファンをふるいにかけるような発言はしたりしないよね。わたしがそうやって思い込んでただけなんだなって気付いて虚しかった。

声は変わらずに好きでいたかったけど前に知人と彼の話をしたときに「もう聴けない」と無意識に口から出たので、あ、そうなんだ無理なんだ、と思って持っていたCDやDVDは処分した。整理しているとき悲しくて仕方なかったけど、もう名前を見るのもしんどいから手元に置いておきたくなくて。大好きだったけどこんなにもあっさり冷めてしまうものかと。

 

嫉妬乙、と思われそうですがそうではなく。

「結婚して既婚者になったから降りた」のではなく「結婚したら別人になったから降りた」のです。

たくさんあった好きなところがきれいさっぱり消えてしまって、それと同じくらいあった嫌いなところだけ残っている人をわたしは好きだとは言えないです。わたしの好きだった彼は一体どこに消えてしまったのでしょうか。それとも最初からわたしが勝手に作り上げてただけだったのかな。

ブログのコメントを見ていると「行きたいけど行けないです」「買いたいけど買えないです」のオンパレードで、『本当のファン』ってなんなんでしょうね。新規と茶の間とDDばっかりだけど。

 

今は推しはいるけど本命はいないし、この先も多分ずっといないままです。

楽しくおたくがしたいですね。

*1:この発言をしたラジオを実際は聴いていない。聴いた人の文字起こしや感想を聴いたのみ。でも聴かなくて良かったと心底思っている。

推しにやって欲しい役5選。

俳優の推しくんに演じて欲しい役を考えてみました。

 

1.人を殺す役

明確な殺意を持って人を殺すタイプの役が観たいので、殺人犯とか殺し屋とかが良いです。

殺人に楽しみを見出してるような頭おかしい系の場合はとりあえず人を殺すときはずっと笑っていて欲しい。返り血を浴びてうっとり微笑んだり、狂ったように笑いながらナイフ振り回していると最高ですね。

特に何の感情もなく淡々と人を殺している系の場合は逆に無表情だと良いなあ、冷たい目をしているのが観たい。

凶器は絶対に拳銃が良い~~!接近戦タイプでもスナイパーでもおいしい。

人を殺すことに慣れてしまって無感情なままでも良いし、途中から気がふれてきて自滅するのも良いな。

 

2.過去が重い役

家族や恋人を殺されたとか誘拐されたとか、明らかに普通の人なら体験しないだろうっていうくらいの重さでお願いしたい。

普段は普通なのにふとしたときに闇の深さが垣間見えるとなお良いです。

ていうか端的に言うと「視覚探偵 日暮旅人」の日暮くんなんですけどね!

天然ゆるふわかと思いきや過去が激重いし闇深すぎて色々歪んでいるのが最高に性癖にどストライク。

 

3.クズな役

人を貶めて生きてるようなクズが好きです。

汚い手を使ってのしあがってるようなやつ~~表向きは良い顔してるけど裏ではやりたい放題しているっていうギャップ萌えですね。

恋愛関係にだらしないのも良いけど、ヒモとかやってみて欲しい。

嫌味ったらしい台詞や暴言を吐く推しくんが観たいだけです。

 

4.スーツを着ている役

いつかドラマでちらっと着ていたスーツ姿がとても好きだったので。

仕事の出来るエリートサラリーマンとかやって欲しいけど似合いそうなのは新入社員の爽やかなタイプかなあと思う。前者の場合はオプションで眼鏡かけて欲しい。

ホストも良いな、全身黒でネクタイだけ派手とかアクセサリーじゃらじゃらつけてて欲しい。

 

5.バンドマン

センターが似合うからボーカルかなあ…ボーカルの立ち位置がセンターじゃないバンドもいるけど。

スタンドマイクを掴んでスピーカーとか柵に足掛けながら唄ってほしいし客を煽って欲しい。

バンドマン=クズの方程式成り立っているので(わたしの中で)クズクズしい推しくんが観たい…何度だって言う。

 

ただのわたしの性癖の押しつけですね。

でも暗い感じの役はもっとやって欲しいなあと思います。

ちなみに声優の推しさんたちにはもれなくヤンデレをやって欲しいと思っている生粋のヤンデレ萌えです。

観に行ったライブが楽しくなかった。

この間観に行った大好きなバンドのライブがびっくりするくらい楽しくなかったです。

わたしは今まで色んな現場に行ったけど、「楽しくない」と思ったことは1度もなかったので衝撃でした。

いつも観ている最中は「やばい」「無理」「しんどい」という語彙力がなさすぎるワードで頭の中埋まってるんですけど、楽しすぎて。

その日は最初から最後まで「あれ?」「なんで?」という感じで常にハテナマークが飛び交ってました。

ツイッターで検索してもわたしほど落ち込んでいる人がいなかったので、わたしがおかしいのかなと悲しくなったりしたのですがどう捉えるかは個人の自由だから良いよね!

多分誰も悪くないしどの感想も正解だと思うので、わたしが「楽しくない」と思った要因は以下です。

 

・会場の狭さとお客さんのテンション

その日の会場はキャパがめちゃくちゃ狭くて、チケットはソールドしているし更にキャパ以上のお客さんが入っていたらしいので余計にぎゅうぎゅうでした。

なので整理番号順で入った人から前に詰めていってたみたいで、普段は前にいないんだろうな~っていう人も前にいたっぽいんですよね。

わたしも真ん中よりは前にいたんですけど、わたしより前にいた人たちがめちゃくちゃ大人しくてびっくりしました。

もちろんどんな風に楽しむかは個人の自由なのでジャンプしなきゃいけない!とか腕降らないとだめ!とかは全然思ってないんですが、メンバーが煽ってきてるのにほぼ棒立ちはさすがにやばいのでは…とちょっと血の気が引きました。

いつもはわりと前にいるお客さんはテンションがずっと高くて常に盛り上がってる感じだったので、あんなに静かな最前列を見たのは初めてでした…メンバーも若干戸惑ってた気がします。

前だけじゃなくて全体的にこの日のお客さんは大人しめだったみたいで、他の場所がどうだったかはわからないんですけど、確かにわたしがいつもいるエリアも大人しかったです。いつもより女子多めだったし。

 

・メンバーのテンション

フロアがそんなだったからかメンバーもいまいちテンションがふわふわしていました。

MCはいつもゆるいんだけどいつにもましてゆるいっていうかぐだぐだで、盛り上げようとしているのはわかるんだけどいまいち盛り上がらなくて…っていう悪循環。

あとボーカルが「いけるか!」「混ざっていけ!」って言って客を煽るのが定番なんですけど、その日1回もそれを言わなくてわたしはとてつもなくショックでした。

あの煽り言うようになってから毎回言ってたし、言わなかったライブを観たことがなかったので。

ツアーファイナルはネットで生配信してたんですけど、しっかり「いけるか!」「混ざっていけ!」って言ってたので、このテンションにしてあげられなかったんだな…と思って悲しくなりました。

なんなら「良いですね、皆さんテンション高くて」って言ってるのもぐさぐさ刺さりました、ごめんなさい…。

客のテンションを上げられるのは演者だけだけど、演者のテンションを上げられるのも客だけなんだよな…と思うとやっぱりこの日は客のテンションの低さに引きずられていたのかな~と思います。

 

・音響

たまにギターとベースの音がただ鳴ってるだけみたいに聴こえて、どんなフレーズを弾いているのかわからなかったです。

あれスピーカーのせいだったのかな。

なんかすごい音が潰れてギャギャギャってなってるのつらかった…ギターなのかベースなのかもわからなかった。

 

以上です。

このツアー、セトリがめちゃくちゃに良くて。

一応シングルの発売記念のツアーだったんですが、3曲入りのシングルだったのでそれ以外はどんなセトリ組んでくるのかな?って思ったら今ではあんまりやらないような珍しい曲ばっかりだったのでとってもレアでした。

だから楽しめなかったのが余計悔しくて引きずってるんだよ~~~!

ファイナルをネット配信で観てたとき、なんだよちょう楽しいじゃん!!!と思ったので嫌いになったわけではなくてほっとしました。

アルバム発売とそれに伴うツアーも発表されたんですけど、そのときに「何か所行こうかな?!」と思えたのでやっぱりまだまだ好きでした。良かった。

 

ぐだぐだ書きましたがわたしはこのバンドのことが世界で1番かっこいいバンドだと思っているし、いつだって今が1番かっこいいし、大好きです。

だから早く売れてください!売れろ!!!